耐震天井

東日本大震災など大規模地震による天井の落下による被害も多く、大規模空間に設置される吊り天井の耐震性にニーズが多くなっております。

 

天井における耐震性能とは?
地震発生時、天井には鉛直方向と水平方向への力が掛かります。一般的な天井では、鉛直方向への力は吊りボルトの耐力で充分と考えられます。が、水平方向への力は、その耐力では不十分であり、適切にブレースを設置する必要があります。
また、地震により天井材が周辺部の壁などと接触することで崩落する事例も多く発生しています。天井全体の耐震性能を向上させるためには、適切な補強とクリアランスの設置を行う必要があります。

新築の物件はもちろん、既存建物の改修に対しても導入が可能です。天井の重さや懐寸法に応じた各種算定資料や、クリアランス算定資料などを基に改修計画をご提案致します。

 ※株式会社桐井製作所資料参考

Copyright © ASAHI KENSOU CO.,LTD. All Rights Reserved.

  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr

朝日建装株式会社 〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島6-4-10 ウエストビル7F TEL:06-6467-6577 FAX:06-6467-6588