朝日建装株式会社としての人材育成

弊社では長期的視野に立って個人の成長を促進するため、必要なことを習得できる環境を与えることを人材育成だと考えております。

その中で、経営理念にもある通り、仲間感謝し、信頼を築き、を生んでいける様な人材育成に取り組んでいます。生産性の向上や利益・売上のみを追求するのではなく、※1【人間力】を高め、※2出る杭を伸ばすことで、次世代のリーダー候補を育成しております。

※1・想像力、論理的思考といった『知的能力要素
  ・コミュニケーションスキル、リーダーシップ、他者を尊重するといった『対人関係能力要素』
  ・意欲、忍耐力などの『自己制御的要素』の3要素を総称したもの。
​※2 『出る杭は打たれる』という言葉からなぞった造語。『出る杭は打たれる』という言葉は才    能がある人は嫉妬され、才能を押さえつけられるという意味。しかし『出る杭を伸ばす』と   は才能をさらに伸ばしていこうという意味。
         
         
     
        
     
         知的能力
          人間力
      対人関係    自己制御

「出る杭は打たれる」
のイメージ

朝日建装の
「出る杭を伸ばす」
のイメージ

朝日建装株式会社の取り組み

・外国人技能実習制度を利用した技能実習生の雇用
​ 
弊社では外国人技能実習制度を利用し、インドネシアから3名の技能実習生を1年半前から雇用しております。
外国人技能実習制度とは、我が国が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、技能・技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的としております。
弊社では、社会貢献にも力を入れており、技能実習生の育成にも力を入れております。
​2020年6月には、厚生労働省が実施している技能実習生向け技能検定である「基礎級技能検定」が行われ3名共無事合格し、日々技術力に磨きをかけています。
IMG_4751.JPG
S__2506818.jpg
​日々献身的な働きを見せる技能実習生
技能検定の様子
技能実習生(W・Yさん)インタビュー

『私は、日本での建設業の知識・技術を学ぶために技能実習制度を利用しました。来日した時は、日本の文化や言語・気温などに戸惑いました。しかし、会社の方々をはじめ、協力会の職人さん方に非常に優しく接して頂き、違和感なく直ぐに馴染むことができました。日本人は謙虚で優しい人が多いと聞いていましたが、実際にその通りでした。仕事に関してはどの方も親切・丁寧に時にユーモアを交えながら教えてくれます。もちろん仕事ですので厳しいときもありますが、愛情の裏返しだと思っております。また、毎月会社の実習生担当者の方との面談もあり、多くの相談に乗っていただける点や、会社内での実技研修が充実しているのも大変嬉しいです。』

社内研修・自己啓発

​・弊社では、随時実技研修を実施しております。自社若手社員・協力業者様の若手職方を対象として、LGS・ボード施工を行っております。研修時には弊社代表村田が講師として指導しております。


研修受講生(K・Kさん)インタビュー

『朝日建装株式会社の実技研修は凄くためになります。
現場での作業を行う職人さんだけでなく、現場管理を​主に行う
番頭さんも受けられるので、基本的な材料、施工・工具等の
確認・復習にもなります。
また、何といっても村田社長が直接教えてくれる点が一番
の魅力ではないでしょうか。元職人だけあって細かい点まで
教えていただけますし、経験が豊富なので重要なノウハウや
自らが体験したエピソードも聞けるので貴重な体験ができるので
はないでしょうか。』
S__16187417.jpg
代表からの指導を受ける受講生